お客様の声

Customer´s voice

お客様の声

作州商事株式会社のマンションをご購入いただいたお客様の声を掲載しています。

エイルマンション清水ロゼア A様邸

「ずっとこの地で暮らしたい」という願いと、住まいのグレードアップ、どちらも叶えた物件。

家族も増えたことだしマイホームを購入するなら今かな・・・という絶好のタイミングで、このマンションの情報を耳にしたA様ご夫妻。
利便性の高いこれまでの住環境のまま、住まいのグレードアップを叶えたい。「エイルマンション清水ロゼア」は、A様ご一家にとってまさに最高の物件でした。
「市街地の側ですが、こどもが遊べる公園も多く、自然を身近に感じられるエリアでもあるんです」とご主人様。通勤の際にも、文字通り季節の移ろいを肌で感じるそうです。

デッドスペースをなくし、十分な収納を確保。使い勝手のよい間取りに変更。

収納家具がほとんど見当たらないA様邸。お家の中を案内していただくと、それぞれのお部屋をとても広く使われているのが分かります。
「子どもの成長を考えても、これから確実にモノが増えていきますよね。図面をいただき一番に考えたのが、最大限に収納スペースを確保することでした。」
まずは玄関。標準仕様では廊下側に設けていた物入れをなくし、その分、シューズクロークを2倍ほどに拡張しました。棚数は倍増。息子さんのベビーカーも悠々と置けるので、玄関まわりはいつもすっきりとしています。

住まいを完成させる楽しさを作り手と共有。

「いま思えば、随分とわがままな客だったかもしれませんね(笑)。それでも、スタッフの方々は、私たちの疑問や不安にひとつ一つ丁寧に対応してくださいました。作り手と住まい手が一緒になってゴールを目指す時間は、想像以上に充実していましたよ。」
キッチンにプラスされた『わがまま』は、クッキングヒーターに取り付けられたオイルガードです。調理中の油ハネ、水ハネが気にならないよう、レンジフードまで届く特注サイズのものをオーダーしました。
仕様変更の間取りが決まった後も、A様ご夫妻は「インテリア相談会」でプロのアドバイスに耳を傾けました。カーテンや床などの色のトーンを上手にまとめる秘訣や、家電選び・配置のコツなど、話を聞いているうちに、おふたりの新居のイメージはどんどんと膨らんでいったそうです。
おふたりの理想を少しずつ『かたち』にされてきたA様ご夫妻。笑顔の耐えないご家族3人の時間は、居心地のいい空間で紡がれています。

ページトップへ

エイルマンション下郡アクティス B様邸

ようやくたどりついた理想のシンプルライフ

エイルマンション下郡アクティスの角部屋は、西南向きの広い2面バルコニーの陽光あふれる開放的なお住まいです。こちらへ入居されてちょうど一年目になるB様にお話を伺いました。
「以前から、マンションを買おうという話は出ていて、ずいぶん探したんですよ。でも、なかなかピンと来る物件に出会えなくて」
4LDKの物件を3LDKに設計変更して広く住みたい、お風呂に窓は必須、など、B様の条件に見合ったエイルマンション下郡アクティスに出会うまで実に五年を費やしたそうです。
そんなB様のお宅は、ひと目見て「モデルルームみたいなお部屋!」と驚嘆するほど上品でハイセンス。よく見ると、随所にお部屋を最大限に広く使う工夫がなされています。ゴミ箱もなく、電気コードもきれいに隠され、清潔で几帳面な暮らしぶりが伺え、生活感を感じさせる物は、何一つ表に出ていません。「もともと、物を増やすのが嫌なんです。子どもの服なども、着られなくなったらすぐ人にあげたり、バザーに出したりして整理しています」

家で過ごす時間も充実 家族の会話も弾む日々

もともと、家族の時間をとても大切にされているB様一家。しかしその過ごし方が、以前と少し変わったそうです。「この家に住む前は、夜、みんなで温泉に行ったり、よく出かけていたんですよ。今は、平日の夜はまず家で過ごしますね。アウトドアが趣味なので、相変わらず季節ごとのキャンプには欠かさず行っていますが」
ご家族や友人たちとのキャンプが楽しみというB様。押入れの中には、テントやシェルフなどのキャンプ道具一式がたっぷり収納されていました。部屋を広く使うため、ご夫婦のベッドは置かず、和室の押入れに収納した布団を使うのはご主人の提案だったそう。「収納が大きいので、何でもすっきり片付けられるのが良いですね」
奥様の趣味は、旅行と料理。毎年タイや中国へ家族で出かけては、そこで食べた料理を広いキッチンで再現するそうです。ご主人も、娘さんも、「何でもおいしい」と太鼓判。
セミオープンキッチンは、カウンターを挟んでおしゃべりしながらお料理ができるので、ホームパーティにもぴったり。よくお友達を招いて食事をしたりお酒を飲んだりするそうです。
ご主人は、この家へ来て何か変わったことは?との質問に「特には…ああ、タバコをやめました」と照れ笑い。しかしホームパーティでタバコを吸いたいご友人のために、バルコニーには椅子を並べた立派な喫煙スペースがありました。いずれこのバルコニーでも、ガーデンパーティなどできればと、B様の夢は広がります。

ページトップへ

エイルマンション別府石垣 C様邸

閑静な住環境 眺望の良さも自慢。

東に別府湾、西に扇山を望み、緑豊かな北石垣公園が近くにある閑静な住環境の「エイルマンション別府石垣」。今回は、C様のお宅へお伺いしました。
C様は3年前に福岡市から大分県の別府市に引っ越しました。
「当初は、別府駅の近くに賃貸で住んでいましたが、仕事でずっと別府に住むことになるだろうと考え、息子が産まれたのをきっかけに、マンションの購入を考えました」とご主人。そのとき、ちょうどいいタイミングであったのが、今お住まいの「エイルマンション別府石垣」だったそうです。「子どもを育てるには静かな環境の方がいいかなと。職場からも近すぎず、遠すぎずちょうどいいです」。
決め手となったのは、別府湾を望む眺望のよさでした。「山がきれい、海がきれい。景色がとにかくいい。東向きなので、朝日が入ってきて朝は気持ちがいいですよ」と奥様。夏には大分市や亀川の花火、冬には別府湾の花火も見られるそうです。引っ越してから、友人や両親を呼んでホームパーティをすることも多くなったとか。「来た人は、眺望を見て”きれい!“って感動しますね」。

奥様のアイディアでキッチン周りはスッキリ!
きれいなお風呂は小さな子どもを持つ家庭に安心

共働きということもあり、奥様にとって家事をいかにスピーディーにこなすかは大事なポイント。「食洗機をつけてもらったので、家事の時間を短縮できます。IHクッキングヒーターは初めてでしたが、とまどうこともなく使えました。オール電化は燃費がよく、手入れしやすいのでいいですね。賃貸のときに比べて換気扇の性能がいいので揚げ物をしていても部屋ににおいがこもらず、お掃除もラクです」。
キッチンには、奥様のこだわりがたくさん詰まっています。「なるべく圧迫感がないように、食器棚をおかないようにしています」と奥様。食器はすべて備付の収納へ。キッチン周りにはインテリアパネルを飾って、すっきりとした空間ができあがりました。「対面キッチンは子どもが遊んでいるのを見ながら料理できるからいいですね」。お子様の遊びスペースを確保するために、設計変更で3LDKを2LDKに。ダイニングスペースを広くとることで、家族の共有スペースが広がりました。
「別府に住み始めて1年目くらいの頃は、観光客気分でいろいろ温泉地をめぐりました。温泉もいいのですが、毎日入る家のお風呂も快適な方がいいと感じるようになりました」とご主人。「前に住んでいたアパートのお風呂は、段差が大きくて小さい子どもには危なかったのですが、今のお風呂はキレイで設備も良く子どもも安心して入れるのでとても満足しています」。
住んでちょうど1年。おふたりに感想をきくと、「前に住んでいたアパートと比べると建物の気密性がよく、夏は涼しく、冬は温かいので快適」とのこと。別府湾の眺望がよく、ぬくもりのあるC様のお宅は、穏やかな安らぎに満ちています。

ページトップへ